LOMO日記 | ソ連製のLOMO LC-Aで撮った日常風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ジムヤスジロウ on  | 

熊野古道「松本峠とみかん」

熊野古道2日目は熊野市の松本峠。
峠の頂上までわずか30分という初心者向きの道である。
前日の馬越峠&天狗倉山の疲れが残るなか、
やや重い足取りながらも峠へと向かう。

東紀州は一年中みかんが獲れるというほど暖かい。
松本峠
南国のような花が咲く道を歩く。
LOMO LC-A:Ferrania Solaris 100

松本峠頂上には大きなお地蔵様。
建てたその日に妖怪と間違われて鉄砲で撃たれてしまった可哀想なお地蔵様。
鉄砲地蔵
その名も「鉄砲地蔵」の足下には小さな鉄砲キズが残っている。

松本峠で出会ったご夫婦にみかんをいただいた。
大阪から来ているというご夫婦は尾鷲市に車を置いてそこを拠点に
1週間かけて熊野古道伊勢路を踏破している最中だという。
お互いに旅の無事を祈って分かれ、松本峠から鬼ヶ城へ。
みかん
熊野灘を臨む鬼ヶ城の先端で甘いみかんを頬張った。

RICOH GR-D

スポンサーサイト
Category : LOMO-熊野古道
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 

熊野古道「馬越峠」

熊野古道を歩くのはこれで何度目だろうか。
今年8月、紀伊半島を襲った台風12号はこの熊野古道にも甚大な被害を与えた。
その後、復旧が進み、熊野古道伊勢路はほとんどが歩けるようになっても
「熊野古道はもうしばらく歩けない」という風評被害で歩く人が激減し、
地元がとても困っていると聞いた。
それならば、むしろ行かねばと友人を誘い、2泊3日の旅に出た。

1日目は伊勢路でもっとも美しい石畳が残る「馬越峠」。
昼なお暗い古道の道に、青々と生い茂るシダが眼に鮮やかである。

3日分の荷物を入れたザックは結構重く、運動不足の体には結構キツイ。
熊野古道
彼女が用意してくれたチョコや飴などの携帯食をつまみながらのんびり歩く。

LOMO LC-A:Ferrania Solaris 100

Category : LOMO-熊野古道
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 

切ない道

20061002003642.jpg

「熊野古道ってキレイだね」

蛍光ペンキで描かれた落書きを見て
子供が言ったという。

八鬼山越えは熊野古道伊勢路の難所として知られる一方、
悲しいことに「落書き」でも有名になってしまった古道。
持ち主自らが「自分のもの」である木々や
路傍の石に世界遺産登録への反対メッセージを書き綴っている。
それは、八鬼山越えの入口から降り口まで
ほぼ全行程に渡って続くため、常に視界に入ってくる。



20061002004835.jpg

八鬼山越えの名所であり、
江戸時代の道中日記にも登場したという「蓮華石」にも落書きが…。
こんな方法しか自分の主張をできないのかと切なくなる。

KODAK ULTRA 100

Category : LOMO-熊野古道
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 

曲点

20060930093021.jpg

熊野古道「八鬼山越え」に行った。
七曲がりという険しいつづら折りの坂道の角に
「曲点」という道標があった。
くるんとした字体が素敵。
曲がり角に曲点、なんかいいなぁ。

KODAK ULTRA 100

Category : LOMO-熊野古道
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 

熊野古道「三木峠~羽後峠」

20060502222141.jpg

午前8時名古屋駅発の熊野古道シャトルバスに乗って熊野古道へ向かう。
連休初日とあって高速道路は大渋滞。
予定では「二木島峠~逢神坂峠」に行く予定だったが断念。
もう少し手前の「三木峠~羽後峠」に変更することにした。

「三木峠~羽後峠」は白浜が美しい三木里海岸から
賀田湾へ向かうふたつの峠越えの道。
猪から農作物を守るために作られた石造りの「猪垣」が
もっともよく見られる地域で、
城壁のような堅牢な石垣が古道沿いに続いている。



20060502222209.jpg

雨は降っていないものの曇。
たっぷり水を含んだ苔が青々と輝き、実に見事である。



20060502222153.jpg

このあたりは石畳というより、石段。
中級者向きのコースなので甘く見ていたが思いのほかキツイ。

三木峠の降り口から、羽後峠の登り口までの農道(という名の山道)が
まだかまだか…というほど長く感じられて疲れた。
途中、「語り部付きツアー」の団体と出くわし、
タダで説明を拝聴、ちょっと得した気分になった。

賀田湾に着いた頃には、すっかり雲が遠ざかり空が晴れ上がっていた。
やむなく変更したルートだったけど、なかなか良かったな。
今度こそ「二木島峠~逢神坂峠」へ行こう。

●熊野古道「三木峠~羽後峠」
 歩行距離:約5.8km 歩行時間:約2時間30分

AGFA ULTRA 100

Category : LOMO-熊野古道
Posted by ジムヤスジロウ on  | 2 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。