LOMO日記 | ソ連製のLOMO LC-Aで撮った日常風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ジムヤスジロウ on  | 

ヤシカの赤

伊豆市土肥の夕焼け。
YASHICAで撮る「赤」いいなぁ。

夕焼けの中を静かに波を切って進むフェリー。
土肥の夕焼け
夕陽とフェリーが重なる瞬間、シャッターを切った。

スポンサーサイト
Category : YASHICA 35-ME
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 

九鬼「神社と狛犬」

路地を下って漁港まで戻って来た。
港のすぐ脇にある九鬼神社に行ってみる事にした。

鳥居をくぐり、急な階段を上ると本殿がある。
迎えてくれたのは狛犬たちの笑顔。
狛犬01
くりくりのあごひげがいい雰囲気。

大笑い。
狛犬02
見ているこちらもつられて大笑い。

境内には不思議な丸い石がいっぱい。
丸い石碑
相当古いものらしいがよくわからない。

神社の奥の展望台まで行ったが景色は・・・
渋い神社を後にした。

Category : YASHICA 35-ME
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 

九鬼「港と錨」

九鬼水軍発祥の地である尾鷲市九鬼。
今はもう猛々しい水軍の影は無く
波穏やかな入り江に船が舫う静かな漁村である。

港をぐるりと囲む山の斜面にひしめくように建つ家並み、
その家々の隙間を埋めるように入り組んだ坂道と石段…
いつか本で見たその風景に会いたくて
一度はゆっくりと訪れてみたいと思っていた町、九鬼。

港から散策をはじめた。
錨
錨越しに望む港の風景。フジツボが長い年月を語る。

赤い大漁旗がはためく漁船。
九鬼港
その向こうに見えるこんもりした森は九鬼神社。

ここから坂道を歩く。

Category : YASHICA 35-ME
Posted by ジムヤスジロウ on  | 2 comments 

熊野古道、海の風景

熊野古道・伊勢路はそのほとんどが山の中。
小さな港町をいくつか通り抜けるけれどそれも一瞬、
すぐに険しい峠道へと入っていく。

その伊勢路のなかで唯一海沿いを歩く浜街道。
新宮市までの約27kmの砂浜「七里御浜」を行く道である。

そのはじまりの地となる鬼ヶ城は
波や風で浸食された奇岩がおりなす景勝地。
とがった岩の上にちょこんと留まるサギも絵になる。
サギ


七里御浜に突き出た獅子岩。
獅子岩
熊野灘を守る狛犬のよう。

巨岩そのものがご神体の花窟神社。
花窟
伊弉冉尊が祀られている。

伊弉冉尊が祀られているということは、ここは黄泉の入り口。
熊野三社は「蘇りの地」と呼ばれている場所。
ここから黄泉に入り、熊野で蘇る。
そんな物語が浮かんでくる。

Category : YASHICA 35-ME
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 

かもめの島

潮の満ち引きで現れるのだろうか…
小さな島(岩)でかもめが羽を休めている。

かもめ飛び交う、うららかな春の日。
かもめ
幸せな時間。

樹齢200年を越える海辺の松。
松
枝振りのたくましさに惹かれた。

Category : YASHICA 35-ME
Posted by ジムヤスジロウ on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。